ニキビを悪化させる活性酵素の油が怖い!

ws000414

ニキビに悪い食べ物と言えば「脂っこい食べ物」が真っ先に思い浮かぶでしょうが、だからと言って「ニキビ予防のため、あるいはニキビを悪化させないために、油分は絶対にとってはいけない」というわけではありません。

油分も適量の摂取であれば、問題はないのです。

ただし・・・「酸化した油」だけは、絶対に摂取してはいけません。

酸化した油がなぜいけないのかというと・・・活性酸素を大量発生させてしまい、その悪影響で過剰な皮脂分泌がされてしまうからです。

しかも!活性酸素はアクネ菌の増殖にまで手を貸してしまいます。ですから、参加した油の摂取は「アクネ菌が増えて、さらにアクネ菌のエサとなる皮脂まで増える」という事態を招き、ニキビを発生・悪化させてしまうリスクがきわめて高いんですよ。

では、酸化した油とはどういう油なのかというと・・・
「においがきつくなった油」「色が濃くなった油」などが挙げられますね。

油は使いまわさない!

ws000415
家庭でよくありがちな酸化油の例としては、「天ぷらなどの揚げ物で一度使った油を長期保存」というのが挙げられます。「1回きりの揚げ物使用で捨ててしまうのは、油がもったいない」という心理は理解できますが、ニキビ予防・悪化防止のことを考えれば、やはり捨てるべきです。

また、「揚げてから時間がたっている揚げ物」も、油の酸化がかなり進行している状態ですので、食べるのはやめましょう。

「スーパーの総菜コーナーで夜遅くに売れ残って安くなった揚げ物を買っておき、翌日の食卓に出す」などということをしている家庭もありますが、これは絶対におすすめできない行為です。冷蔵庫に入れても、油の酸化は確実に進みますからね。

また、スーパーの揚げ物は、同じ油でたくさんの揚げ物を作っている分、たとえ「揚げたて」と書かれていても、油そのものが酸化している可能性があります。

また、インスタント食品やスナック菓子などに使われている油も、酸化している可能性がありますよ。工場のラインで、同じ油でたくさんの製品を揚げているわけですからね。

というわけで、ニキビ予防と悪化防止のためには、「油は使い回さない」「揚げ物は自宅できれいな油で揚げ、数時間内で食べきる。揚げ物に使った油は保存せず処分する」「インスタント食品やスナック菓子はなるべく避ける」ということを心がけましょう。

やはり美肌を目指すなら、大人ニキビの栄養補給に野菜ジュース【グリーンスムージー】のススメなど、食生活で、ちょっとプラスの働きを心掛けるのが良いかもしれません!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ